忍者ブログ
ほーむぺーじSEO対策、ニュース、IT・Web、その他

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ネットでカーディガンを探していた時に気付いたことです。グレート紺を探していて気付いたのです。検索窓に「カーディガン」と入力すると、候補に、「カーディガン グレー」、「カーディガン 紺」と出てきました。検索する人たちがこのキーワードで多く検索しているものが候補として出てくるので、このキーワードで検索している人が多いのでしょうが、なぜグレーは英語で、紺が日本語で検索されているのだろう・・・?とふと不思議に思いました。ネイビーではなくて、グレーは灰色で。灰色なんかピンとこないな(笑)。ネイビーで検索されていないことも意外でした。色の対策をする時もこのような事にも気を付けると売り上げが上がるかもしれませね^^♪。

インターネット広告代理店
バックリンク

「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム


購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
PR

ビッグ


最近作っているサテライトサイトは、本当にスモールキーワードばかりです。ビッグキーワードのサテライトサイトもたまに作りますが、サテライトサイト10個作ったとしたら一つ作るか下手したら作らないときもあります。ビッグキーワードのサテライトサイトを作る時は、うちがやけっぱちになっているときか、生理前でどうでもいいやと投げやりになっているときです(笑)。あとは、たまにはビッグキーワードを狙いたくなる気分になるのと、もしかしたらbっGoogleキーワードで上位に表示させることができるかも!!!というアホな思考回路になった時にもビッグキーワードのサテライトサイトを作ったりします(笑)。変な地震がある時にビッグキーワードを狙って撃沈しまくりですが^^;。

Yahoo SEO対策
SEO対策プロフェッショナル

短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」

地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
短期間で検索順位を上げる
URL毎に異なる被リンクキャパシティー。キャパ超えで一時的に検索順位は落ちる。URLの器の大きさ
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
「気力管理」と「体力管理」。経営は気力!
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム

趣味


パーソナライズドサーチがありますが、うち気付いていないかも・・・^^;。それが狙いなのかな?!。うちの趣味の検索結果じゃないような気がして・・・。パーソナライズドサーチとは、個人の趣味や利用場面に最適な検索結果が得られるというものです。検索内容を自分用にカスタマイズして提供する機能のことを言います。どのように自分用にカスタマイズして提供してくれるかというと、ユーザーの過去の検索履歴などから判断して検索結果に反映してくれるというわけです。うちは毎日キャッシュや履歴削除しているからパーソナライズド検索に気付いていないのかな?!。パーソナライズと検索が出てきて、SEOが淘汰されると言われていましたが、今のところそんなことはないようですね。

SEO対策 実績
SEO対策 東京

SEO

サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
「1URLを1つのキーワードで対策」と「1URLを複数のキーワードで対策」。前者は順位維持し易い
テキストリンクを増やす
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
資金に余裕あるならホームページでSEO対策。資金に余裕無いならブログでSEO。集客媒体選びは重要
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
SEO対策用サテライトサイト(衛星サイト)の更新継続は必須か?更新ゼロでもSEO効果は持続する
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」